亜鉛を効率的に摂取するサプリメント

一般的に亜鉛が豊富に含まれる食材といえば、「牡蠣(カキ)」。効率的な亜鉛摂取を考えている人の強い味方となってくれます。

 

ちなみに、カキ以外でも亜鉛が豊富な食材は高タンパク質な傾向にあります。滋養に良いと昔から言われているようなレバー、納豆などにも含まれています。

 

 

・亜鉛の含有量はカキがダントツ
100グラムあたりの含有量で見てみると、豚レバーはおよそ6.9mgの亜鉛が含まれているのですが、カキなら13.2mgとより少量で亜鉛を効率的に摂取が可能となります。やはり、亜鉛といえばカキを利用して摂り込むのがシンプルな方法といえるでしょう。

 

そのほか、牛肉は全般的に亜鉛が多く摂れますし、プロセスチーズからも亜鉛を摂り入れるのも良いですね。卵黄にも含まれている亜鉛は、卵を3つ食べることで1日あたりの亜鉛摂取量をクリアすることができます。

 

日本人の最近の食生活では亜鉛が不足していると言われる現状であっても、意識をしていればそれほど難しくないのかもしれません。

 

 

・亜鉛の多い傾向の食べ物
魚介類や肉類、大豆やナッツ類には亜鉛が多く含まれています。

 

また、雑穀であるアマランサスは100グラムあたり5.8mg、オートミールは2.1mg、スパゲティで1.5mgの含有量。

 

キノコ類にも亜鉛は含まれており、まいたけなら0.8mg、干ししいたけは2.3mg。

 

フルーツではドライプルーンの0.5mg、アボカドは0.7mgの亜鉛含有量。

 

このように、自然の食べものからの亜鉛摂取が出来る以外にも、ポップコーン 2.4mg、チョコレート 1.6mg のようにお菓子から亜鉛を摂り込むこともできます。

 

しかし、菓子類は別の成分も必然的に多く摂り込む形になってしまうので、食事の材料をメインとして亜鉛を健康的に摂っていくことをオススメします。
亜鉛のよくわかるサイト⇒亜鉛 サプリ 効果

都道府県から交付される太陽光発電の補助金

都道府県によっては、太陽光発電の補助金制度が設けられていますので、導入を検討されている方は調べてみてはいかがでしょうか。
国から補助金が出ているのですが、都道府県から受けられる場合、両方から交付してもらっても問題ありません。

 

都道府県から交付される太陽光発電の補助金は、場所によって金額などに大きな違いがあります。
補助金制度が実施されている期間が限定されていたり、先着順に埋まってしまうなどそれぞれに特徴がありますので、太陽光発電の設置を考えている物件のエリアの地方自治体に詳細は確認してみてください。

 

例えば東京都の場合は大きな財政という特徴があるので、都道府県の中でも高い補助金の設定になっています。
金額は1kWにつき10万円で、国でも1kWあたり48,000円ですから、かなり高いといえるでしょう。

 

東京都の太陽光発電の補助金は、2011年6月にスタートしてから停止していた時期もありました。
現在は再び実施が決定しているのですが、その背景には東日本大震災による計画停電など経験があります。
電力が供給されなくなる事態が発生したことで、太陽光発電が普及することの必要性が再認識されたのでしょう。

 

埼玉県は東京都と同じ関東エリアでも、条件がだいぶ異なります。
補助金そのものは存在しているのですが、先着4,000件限定と決まっており、以降は交付を受けられないのです。
埼玉県以外でも先着順で決定する都道府県があるかもしれませんから、太陽光発電の導入を予定されている方は、あらかじめ給付条件や内容を調べておかれることをお勧めします。

 

更新履歴